第3弾 出演アーティスト解禁!

おと酔いウォーク2019(2019/4/6開催)の出演アーティスト、第3弾情報解禁です!

■向井秀徳アコースティック&エレクトリック
■石崎ひゅーい
■鶴
■HONEBONE
■indischord

 

第一弾アーティスト(12/14解禁)はこちら!

第二弾アーティスト(01/15解禁)はこちら!


■チケット絶賛発売中!詳細はこちら

 

 

向井秀徳アコースティック&エレクトリック

1973年生まれ、佐賀県出身。
1995年、NUMBER GIRL結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。
2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで5枚のアルバムをリリースしている。
また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。
2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。
2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。
2012年、ZAZEN BOYS 5thアルバム『すとーりーず』リリース。今作品は、ミュージック・マガジン「ベストアルバム2012 ロック(日本)部門」にて1位に選出された。
著書に『厚岸のおかず』『三栖一明』

www.mukaishutoku.com

 

石崎ひゅーい

本名。
母親がDavid Bowieのファンで、その息子がZowie(ゾーイ)という名前だったことから、もじって、Huwie(ひゅーい)と名付けた。
2012年7月25日にミニアルバム「第三惑星交響曲」でデビュー。
2019年1月25日公開の映画「そらのレストラン」にも出演し俳優としても活躍の場を広げる。
3月6日にミニアルバム「ゴールデンエイジ」をリリース。
4月26日からはバンドワンマンツアー「ゴールデンエイジ」の開催も決まっている。

http://www.ishizakihuwie.com

 

 

埼玉県鶴ヶ島市出身の中学校の同級生3人組。2003年に結成。
バンド名は鶴ヶ島の頭文字から「鶴」になる。
アフロと70sファッションを代名詞にお客さんを巻き込んで展開するライブパフォーマンスで話題になる。
2008年「恋のゴング」でメジャーデビュー。
2012年映画「アフロ田中」主題歌「夜を越えて」をリリースし8年間トレードマークだったアフロヘアーを卒業。
2013年鶴結成10周年を迎え自主レーベルSoul Mate Recordを立ち上げる。
2015年には47都道府県を2周全100公演のロングツアーをおこなう。
2018年春に結成15周年ライブをBLITZ赤坂、大阪心斎橋BIGCATで開催。
9月にはこれまでの鶴ケ島愛を認められ、“市上初”となる “鶴ヶ島ふるさと応援大使” に任命。
鶴ヶ島市役所にて齊藤芳久市長から、鶴のメンバーに委嘱状を授与。
全国のソウルメイトに15周年の感謝を伝えるため、3回目の47都道府県ツアーを行う。
2019年10月6日地元鶴ヶ島市で鶴フェスの開催が決定!

http://afrock.jp/

 

 

HONEBONE

Vo.のEMILY、Gt.Kawaguchiの男女フォークデュオ。
綾小路きみまろ、ギター漫談とも評されるEMILYのMC、Kawaguchiの顔面パフォーマンスは必見。
ニッポン放送『オールナイトニッポンR』単発パーソナリティーなどテレビ、ラジオにも出演。
2018年には笑福亭鶴瓶『お気に入りライブ』に出演。
HONEBONE初の冠特番『骨の髄まで歌います』がNHK BS プレミアムにて放送。活躍の場を広げている。

https://www.honebone.net/

 

indischord

福島県福島市にて2016年6月に結成、活動を開始する。
2017年3月、東北最大級のフェス『ARABAKI ROCK FEST.17』の出演者オーディションにてグランプリを獲得、メインステージである陸奥ステージに出演。その他『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』など、数々のサーキットイベント、フェス等への出演を果たす。
2018年3月、福島OutLineにて初のワンマンライブを開催した。
バンド名は「不一致である」という意味の熟語「be in discord」を捩ったものであり、メンバー1人1人の音楽の嗜好や思考が不一致であることを逆手に取り、この4人でしか作れない「聴き手の心の琴線に触れる新しい音楽」を生み出す、という意味合いが込められている。

http://indischord.wixsite.com/indischord